サクセス初心者講座 Sランク投手の作り方 Sランク野手の作り方 パワストーンを無料でGET 彼女攻略まとめ ガチャの確率・コツ スタジアム攻略

【パワプロアプリ】投手を育成する高校のおすすめを紹介するよー

パワプロアプリでの投手を育成する時に、どこの高校で始めるか少し悩みますよね〜

今回は投手育成のおすすめの高校を紹介したいと思います。

どこの高校が一番投手を作りやすいのか、各高校別に紹介していきます。

Sponsored Links

投手育成 おすすめ高校

パワフル高校

pawahuru koukou

あまりクセのない高校なので、

自分の作りたいタイプの投手が安定して作れる高校です。

 

デッキに制限が無い事も一つ、いい投手を作れるポイントになっています。

しかし、投手作りには欠かせ無い「星井スバル」の加入が遅いのが少しネックです。

たまに星井スバルのイベントを完走できない場合もあります。

 

イベントキャラの構成次第ではかなりいい投手が作れる高校になっています。

 

瞬鋭高校

shuneikoukou

セクション①でほとんどのイベキャラ(彼女以外)が抜けてしまうので、

全員を呼び戻すのがなかなか難しい高校です。

 

呼び戻しに失敗するリスクもありますので、

練習の回数が通常の高校よりも少なくなる可能性があります。

 

 

慣れればいいキャラが作れますが、

初心者には向いてい無い高校になっています。

 

北雪高校

kitayukikoukou

イベントキャラの評価を上げやすく、

モブの選手の能力が高い為、自分が操作する以外でも点を取ってくれる。

 

固有のイベントでの経験点の獲得がなかなか美味しいですが、

やはり一番のデメリットは

デッキを制限されるのがかなり辛いですね!

 

特に投手は練習試合が早めに起きるので、

上手く操作しないと経験点が稼げ無い事もあります。

 

青道高校

seidoukoukou

練習レベル2からスタートし、練習レベルが上がりやすい。

青心寮コマンドである程度選手をコントロールできるので、

以外といい投手が作れる高校です。

 

しかし、女性キャラを使用でき無い為、

緩急やクロスファイアなどの得難いコツが貰えない。

彼女も作れないので、経験点の底上げができないのはデメリットになっています。

 

彼女キャラ使えればかなりおすすめできる高校であったでしょう。

Sponsored Links
透明 画像
Sponsored Links
IMG_0809 →ユーザーの90%以上が活用している裏技!

SG高校

sgkoukou

ミニゲームでも経験点獲得がかなりおいしくなっています。

 

ミニゲームをクリアできるのであれば、安定して経験点を獲得できるので

投手育成には一番のおすすめ高校になっています。

 

パワフル高校の上位相互な高校なイメージです。

 

覇道高校

hadoukoukou

覇道高校ではオーバヒート状態と号令が使え、

上手く使う事で経験点を大量に稼ぐ事が可能です。

 

特訓が無いのもメリットになっていますね。

星井から金特が貰えるのもおいしいですね。

 

コツ習得の為に号令コマンドを使いすぎると

評価が下がってタッグが組めなくなるのは痛いですが、

いい投手を作りやすいおすすめの高校です

 

太平楽高校

taiheirakukoukou

太平楽高校では監督派と反監督派に分かれ、

監督を選ぶと指示された練習では怪我をしないというメリットがあります。

 

青いビックリマークで練習すると、モブキャラでも経験点を20くれますし、

コツをたくさんGETできます。

 

しかし、選手が弱い為、試合で勝てない場合が多いです。

太平楽で投手を作成するのはあまりおすすめできません。

 

海堂高校

kaidou koukou

海堂高校ではブレイクスルーコマンドが使えます。

このブレイクスルーを上手く使えれば好投手の育成が可能です。

 

彼女とデートをする時は、ブレイクスルー使用後か

連チャンでデートをしないと溜まっているブレイクスルーポイントがなくなるのが

少しデメリットです。

 

投手育成にはかなりおすすめできる高校になっています。

 

 

投手育成では、

瞬鋭高校・SG高校・海堂高校この3つでの育成がおすすめです。

 

自分のデッキと見比べながらどこの高校で選手を作るか考えましょう!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links
透明 画像
Sponsored Links
IMG_0809 →ユーザーの90%以上が活用している裏技!

【期間限定】パワストーンを無料でGETする方法が話題!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ