サクセス初心者講座 Sランク投手の作り方 Sランク野手の作り方 パワストーンを無料でGET 彼女攻略まとめ ガチャの確率・コツ スタジアム攻略

【パワプロアプリ】海堂高校初心者の育成時のコツを紹介!

パワプロアプリでまだまだ人気のある海堂高校でのサクセス!

今回は海堂高校初心者の選手育成時のコツを紹介していきます。

Sponsored Links

海堂高校初心者の育成のコツ

海堂高校初心者の選手育成のコツは以下の3つです。

  • 茂野吾郎をデッキに入れる
  • ブレイクスルーコマンド
  • コーチを上手く活用する

それでは見ていきましょう。

 

茂野吾郎をデッキに入れる

sr sigeno goro

茂野吾郎は海堂高校のシナリオキャラになっています。

茂野をデッキに入れる場合入れない場合でシナリオが変わっていきます。

シナリオ自体が変わっているので、一度どちらのシナリオも試してみるといいでしょう。

 

野手育成時で茂野をデッキに入れる事は少ないでしょうが、

海堂高校で投手育成時は茂野をデッキに入れる事によってかなりのメリットがあります。

それは紅白戦の有無です。

海堂高校の紅白戦についてはこちらに紹介しています。

【パワプロアプリ】海堂高校で紅白戦に負けない方法は!?

 

茂野は投手の能力もかなりいいので、

海堂高校で投手育成時は是非連れていって見てください。

 

ブレイクスルーコマンド

bureikusuru-komando

ブレイクスルーコマンドは海堂高校専用のコマンドになっています。

ストイックゲージを貯める事で、ブレイクスルーを使用する事ができ、

ブレイクスルーを使う事で体力が少ない場合でも怪我率0%で練習する事ができます。

 

また、SPタッグ練習時にブレイクスルーを使用する事で、

SPタッグ効果が約2倍くらいにUPするのが特長です。

bureikusuru-gazou

出典:http://yabesoku.blog.jp

ブレイクスルーはストイックゲージを貯める事によって発動できるのですが、

ストイックゲージは練習以外のコマンドを使用すると、半減してしまいます。

 

特に彼女を連れて行く場合は気をつけなければいけないポイントです。

デートをする事で、ストイックゲージが半減するので、

連れて行く彼女は1人にする方が効率がいいと思います。

Sponsored Links
透明 画像
Sponsored Links
IMG_0809 →ユーザーの90%以上が活用している裏技!

コーチを上手く活用する

kaidou saotome

海堂高校には早乙女コーチが練習時にいる事があります。

早乙女コーチのいる練習をする事で、体力回復が可能になっています。

 

100%体力回復のイベントが起きる訳ではないですが、

体感的に80%くらいの確率で体力回復イベントが発生します。

 

つまり、早乙女コーチを上手く利用する事で、

休むコマンドや、デートコマンドでの体力回復を使う事が少なくなるので、

SPタッグにブレイクスルーを被せる事が出来やすくなります。

 

海堂高校初心者の注意点

海堂高校初心者の注意点は以下の2つです。

  • ダイアのAキャラが使えない
  • 二股デッキが微妙

 

ダイアのAキャラが使えない

sr todoroki raiti

ダイアのAのキャラには

成宮鳴や轟雷市等の優秀なキャラが多いですが、

海堂高校にはデッキに組む事ができません。

こればかりは仕方ないのですが、もし連れて行けたら確実に優秀な選手育成が可能だと思います。

 

二股デッキが微妙

海堂高校では二股デッキは、他のサクセス同様組む事は出来るのですが、

海堂高校のブレイクスルーコマンドとの相性は良くないです。

 

ブレイクスルーはSPタッグを重視する事で、大量の経験点の獲得ができるので、

二股デッキで彼女を増やすと、複数のSPタッグがあまり機能しなくなります。

また、デートの完走も厳しくなるので

海堂高校には彼女は1人が丁度いいと思います。

 

 

海堂高校はブレインマッスル高校に次いで

1位2位を争うくらいいい選手が作りやすいサクセスです。

紅白戦は少し難儀ですが、やはりブレイクスルーの効果は大きいと思います。

 

ブレインマッスルで選手育成が難しいと感じる場合は

海堂高校でのサクセスがおすすめだと思いますよ。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links
透明 画像
Sponsored Links
IMG_0809 →ユーザーの90%以上が活用している裏技!

【期間限定】パワストーンを無料でGETする方法が話題!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ